様々方法はあります

男性

腰椎椎間板ヘルニアは肉体労働で発症しやすいですが、身体バランスも発症の要因となり得ます。また、治療には手術のほか、湿布やホットタオル、電気治療などの方法もありますが、サプリメントを使った治療法もあります。

詳細を確認する...

動かさないことから始める

状態によって変わります

看護師

腰椎椎間板ヘルニアになってしまうと、激痛がでてくることもあり動けなくなることもあります。その際は無理に病院に行こうとはせずに、安静にしてみることです。出来る限り腰に負担がかからない姿勢で様子を見てみるとよいです。すぐに手術が必要ということはほぼありません。腰椎椎間板ヘルニアの多くは、数日すると回復することが多く治療法としては、患部を温めたりマッサージを行うことです。腰椎椎間板ヘルニアでも、なかなか痛みが取れないという状態ならば無理せずに病院に行くとよいです。手術が必要なケースもありますが、そうなることは少ないといえます。薬を使って治療することや注射を使うなど様々な方法で痛みを軽減させることができます。

予防することです

腰椎椎間板ヘルニアはこれから治療というよりも、予防することが増えていくといえます。痛みの原因は、椎間板がはみ出してしまうことだと分かっていますので治療を行うよりも、日頃の生活から改善していけば腰椎椎間板ヘルニアにはなりにくくなります。老化などが原因ということもありますが、姿勢を改善することでも予防につながります。姿勢が悪いと、腰椎に余計な負担を変えてしまい椎間板がはみ出しやすくなってしまいます。出来る限り姿勢をよくすれば、治療が必要なほど悪化する可能性は低いです。現在は、同じ姿勢のまま過ごしてしまう人が増加しているので知らず知らずのうちに悪化させていることもあります。腰椎椎間板ヘルニアになると、痛みのために仕事などに影響がでてきやすくなります。治療方法を探すことも必要ですが、予防することも大切です。

3回手術を受ました

ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアになってしまった場合、手術を受けずに治療できるのならそれが一番です。それでも、手術を受けないといけないケースでは、納得できる頼りになる医師を選ぶ事が大切です。

詳細を確認する...

腰のバランスが重要です

笑顔

腰痛が続く場合は重症化する前に受診がオススメです。腰痛の原因の一つに椎間板トラブルの腰椎椎間板ヘルニアがあります。軽度の場合の治療としては対症療法やリハビリがあります。生活習慣を改善することで症状が改善することもあります。

詳細を確認する...